おもしろ発明ウェブログ

「はつめい」っておもしろい。「はつめい」って人をワクワクさせる。その力を借りて自分の人生も変えていこうと始めたブログ。

【発明紹介-046】2019年に紹介したかった「おもしろ発明」を一挙公開

 

久しぶりの「おもしろ発明」紹介です。

 

目次:

 

はじめに

私は専ら個人発明家が生み出すシンプルな発明が好きです。今年の後半はそうした発明をほとんど紹介できなかったので、ここで今年最後の記事として、私がストックしておいた「おもしろ発明」を一気に紹介します。ほとんどが今年公開されたばかりの個人発明家の発明です。これまで紹介することができなかったことが悔やまれますので、年末の大放出です。

 

ただ、一つずつ詳細を説明すると新年を迎えてしまいそう‥なので、それぞれ、発明の名称、公開番号、公開日、発明が解決しようとする課題、解決手段、図面(私にとって印象的な図を一つ)だけを一挙に紹介します。

 

では行きます。

 

発明紹介

①バナナ保存袋

・特開2019-73301(公開日:令和1年5月16日)

【課題】バナナを冷蔵庫で保存しても、表皮の黒変を抑えて長期間保存を可能とすることを目的とする。
【解決手段】ファスナー付きのバナナ保存袋を使用することにより、おいしさ、外観ともに良好に保ちながらバナナを長期保存することが可能となった。

f:id:omoro-invention:20191230194740j:plain

 

②簡便帯

・特開2019-116708(公開日:令和1年7月18日)

【課題】様々な体形の着用者に対して、着用者の胴サイズに適した密着感、フィット感が得られるとともに、着付け工程をさらに大幅に短縮し、着用を簡便化させた簡便帯を提供すること。
【解決手段】作り帯と胴巻き用の帯本体とを備える簡便帯であって、前記作り帯は、予め帯結びが形成されて前記帯本体の巻終側に取付けられ、前記帯本体は、巻終側の上端部に折返し部が設けられ、前記折返し部の内側、前記帯本体の内側、及び、前記帯本体の巻始側の端部の外側に連結具を備え、前記帯本体の内側の前記連結具と前記帯本体の巻始側の端部の外側の前記連結具とを連結し、かつ、前記折返し部の前記連結具と前記帯本体の内側の前記連結具とを連結することによって、帯本体を胴に巻きつけて腰部に係止出来ることを特徴とする簡便帯である。

f:id:omoro-invention:20191230195245j:plain

 

③親ゆび認識鍵

・特開2019-116814(公開日:令和1年7月18日)

【課題】鍵の頭部分を右手親指で挟む感触により、玄関ドアの鍵が施錠・解錠できる鍵の正しい持ち方を事前に確認できる親ゆび認識鍵を提供する。
【解決手段】平鍵1の頭表面2の片面に親指型窪み3を設け、そこに豆粒程度の大きさの半円球状突起4の目印を設け、右手で平鍵1を挟み持ち、半円球状突起4が親指に触れる持ち方をすることによって、前もって施錠・解錠できることを認識した場合にのみ、玄関ドアを施錠・解錠出来る構成とした。

f:id:omoro-invention:20191230195603j:plain

 

④養殖装置

・特開2019-118330(公開日:令和1年7月2日)

【課題】驚愕行動を防止し、かつ遊泳槽の一部に魚が集まることなく広い遊泳領域で魚を泳がせることができ、制御が容易な照明装置を備えた養殖装置を提供する。
【解決手段】照明装置2により遊泳槽1のほぼ中央に柱状の照明領域4を形成し、その周りを魚が遊泳するように構成することで、魚を広い領域で遊泳させることができる。また、照明の開始時に魚が驚愕行動を起こさないように照度を制御できる。 

 

f:id:omoro-invention:20191230195838j:plain

 

⑤麻雀パイ段積み具

・特許第6442657号(登録日:平成30年11月30日)

【課題】自動麻雀卓が無くても、初心者や腕力が弱くなった人が容易に手積み麻雀が行える様にする。
【解決手段】麻雀パイを2段積みにし、横に一列に並べた状態のものを一定の隙間を確保して嵌め込む事が出来る枠体を作り、麻雀パイを端から2段に積む事により容易に段積みが出来る様にした。

f:id:omoro-invention:20191230200638j:plain


⑥安全カミソリ 

・特開2019-155028(公開日:令和1年9月19日)

【課題】本発明は、刃体、刃台、ホルダ-部よりなる安全かみそりに関する。従来のT型の安全カミソリに比較して、微妙な操作が可能なものを得ることを目的とする。
【解決手段】刃体を保持する刃台の裏面にフレキシブルな構造のホルダー部がつけられており、ホルダー部の孔に指を入れて使用する。指は指先の腹の部分が刃台の後側にあたるように装着する。指は、人差し指、中指、薬指を1~3本用いる。ホルダー部は例えば指サックでも良く、特別な形状のプラスチック製品でもよい。 

f:id:omoro-invention:20191230200927j:plain

 

⑦エアバッグパンツ

・特開2019-163574(公開日:令和1年9月26日)

【課題】転倒時に大腿骨近位部を骨折するリスクを低減するエアバックパンツを提供する。
【解決手段】エアバッグパンツは、被着者Pの下半身に着用されるパンツ本体1と、パンツ本体1の内側に設けられたエアバッグ2と、被着者Pの転倒時にエアバッグ2にガスを供給して当該エアバッグ2を膨張させるガス供給装置3とを備える。エアバッグ2は、被着者Pの大腿上部を周方向に取り囲みかつ膨張時に当該大腿上部を径方向内側に圧迫する大腿保護部22,23を有する。

f:id:omoro-invention:20191230201402j:plain

 

⑧マスク

・特開2019-163573(公開日:令和1年9月26日)

【課題】従来あったマスクは呼吸をすると鼻から蒸気を含んだ空気が形状記憶合金やスポンジなどがあってもメガネを雲らせた。メガネを曇らせないマスクを提供する。
【解決手段】従来あった形状記憶合金やスポンジなどはそのままにして本発明のL字形のパイプを使い蒸気を含んだ空気がマスクの横の方から排出されるメガネの雲りが減って気持良くなるマスク。

f:id:omoro-invention:20191230201900j:plain

 

⑨歯の表裏同時みがき用歯ブラシ

・特開2019-162327(公開日:令和1年9月26日)

【課題】筒状回転ブラシと、からなる歯の表裏同時みがき用歯ブラシを提供する。
【解決手段】ハンドル0101と、ハンドル0101の先端からU字状に備えられるネック0102と、ネック0102の先端でネック0102のU字状で想定される仮想平面0104に対して垂直方向を軸として回動自在に配置される筒状回転ブラシ0103とからなる歯の表裏同時みがき用歯ブラシにより、通常磨きにくく磨き残しが多くなる歯の裏側も、磨きやすい表面を丁寧に磨くことで同時に丁寧に磨くことが可能となるため、口腔内の衛生環境を画期的に向上させることが可能である。また、歯に対して並行方向に筒状回転ブラシを移動させるのみでなく、歯に対して上下方向に移動させることでも歯磨き効果が向上する。

f:id:omoro-invention:20191230202226j:plain

 

⑩ズボン用留め具

・特開2019-157295(公開日:令和1年9月19日)

【課題】従来の方法では、ワイドパンツ、バギーパンツ、ガウチョパンツ等の幅の広いズボンを履いている状態でトイレの際にズボンの裾がトイレの床に付かないようにするのが難しかった。
【解決手段】両端を有する渦巻き状のバネに生地の滑り止め機能を備えたことを最も主要な特徴とするズボン用留め具を使用することで、ズボンの生地を一定の箇所で容易に固定でき、ズボンの裾が床に付かなくすることができるズボン用留め具を提供する。

f:id:omoro-invention:20191230202516j:plain

 

⑪新旧石鹸の融着接合構造

・特開2019-194294(公開日:令和1年11月7日)

【課題】  日々使用される度に溶融と摩損することで小さく痩せ細っていく古い石鹸を、未使用の新しい石鹸に接合一体化させて、最後まで無駄なく使い切れるようにするための接合一体化の具体的方法を提供することを課題とする。特に、従来は困難とされていた高機能石鹸類に多い硬質材料の石鹸に於いて、簡単な作業による確実な接合一体化の具現化を目標とする
【解決手段】  一体化が切望されるのは同材質同形状の場合が多いことに着目し、接合面に存在する過剰な水分や泡そして吸水過剰で柔らかく膨潤した石鹸母材などの異物を排除して、石鹸母材の生地が直に接触して融着接合する構造とする。
  その手段として新しい石鹸の一平面に、古い石鹸の凸曲面と近似した浅い凹面を設け、その表面に複数の凹溝を設けることで、一体化接合作業時に加圧と擦り合わせによって生地表面の異物を流動排除させる事を容易にして、石鹸の母材生地どうしを融着させて接合させる融着接合構造を具体化する。

f:id:omoro-invention:20191230202911j:plain

 

⑫生ごみネット

・特開2019-194117(公開日:令和1年11月7日)

【課題】カラスや野良猫が生ごみの袋を喰い破ることのないようにした生ごみネットを提供する。
【解決手段】ネット本体を四角形状となし、その周縁の少なくとも一部に複数の短尺棒状の重錘12を相互に間隔をあけて取付ける。上記ネット本体は積み上げられた生ごみの袋20の全体を覆うことのできる大きさとする。上記ネット本体が外力によって引っ張られた時に引っ張られた箇所と引っ張り力に対応して上記重錘12のいずれかが起立し又は傾動する。

f:id:omoro-invention:20191230203147j:plain

⑬喫煙車両

・特開2019-188832(公開日:令和1年10月31日)

【課題】必要な場所に容易且つ迅速に喫煙場所を提供することができるとともに、多数の喫煙者が喫煙しても周囲に煙草の煙が放散してしまうのを防止することができる喫煙車両を提供する。
【解決手段】複数の喫煙者が車内で喫煙可能とされた喫煙車両1であって、喫煙者の出入り口5が所定位置に形成され、灰皿7が複数配設されて喫煙可能な空間から成る喫煙空間2と、喫煙により発生する煙草の煙中の粒子を捕捉して除去可能な集塵手段11、及び集塵手段11に電力を供給するための2次電池13が設置された空間から成る集塵空間3とを有し、喫煙空間2内の煙草の煙を集塵空間3に流入させて集塵手段11で当該煙中の粒子を捕捉及び除去し得るものである。

f:id:omoro-invention:20191230203434j:plain

 

⑭犬の糞取器

・特開2019-187397(公開日:令和1年10月31日)

【課題】犬が排便の糞をピポイントに取れて、持ち運び易く、糞の処理も簡単な犬の糞取器の提供。
【解決手段】プラスチックタイプの糞を受け取るカップに直接、糞を入れるのではなく、市販の袋をカップ5の中に入れ、広げて輪ゴム等で袋の口を止めておき、糞取器の二段目グリップを握りプッシュボタンを押し糞取器全体を伸ばし犬が糞をする兆候をつかみ、一段目グリップを握り、ピポイントに糞取器のカップを差し出し、犬の糞を受け取る。

f:id:omoro-invention:20191230203704j:plain

 

⑮上下反転可能な眼鏡状のフレーム

・特開2019-197121(公開日:令和1年11月14日)

 【課題】本発明は上下反転してウエアラブル端末グラスとレンズ、又は異なる2種類のレンズを使い分けでき、レンズ等の中心高さに装着者の目の高さを合致させ、正視状態にして、目の疲れが軽減されると共にウエアラブル末端グラスを用いた他の多くの用途に利用可能なものとなる上下反転可能な眼鏡状のフレームを提供することを目的とする。
【解決手段】上下のレンズA,Bを保持するレンズ保持枠1と、該レンズ保持枠1を連結したブリッジ2と、レンズ保持枠1の外側で且つ水平に取付けたツル3と、該ツル3に連結する上下対称な耳当部4,4’と、鼻に当接させてレンズ保持枠1を支持するために設けると共に上下対称に配置した鼻当部5,5’と、から構成し、且つ、耳当部4,4’を、レンズA,Bのそれぞれの中心高さ位置で、「コ」又は「く」の字状の連結杆6が介在されてツル3に連結した構成とする。

 

f:id:omoro-invention:20191230203906j:plain

 

おわりに

どうでしょう、この世界観。かなり原始的な技術ですよね。IoTや人工知能などの技術革新が、現代の第4次産業革命を推し進めているのとは対極にあるかも知れませんね。でも、こうした個人発明家が醸し出す独特の雰囲気、私は大好きなんですよね。

 

ところで、「発明学会」ってご存知ですか? 発明学会は町の発明家を応援してくれるような学会であり、私も今年その会員になりました。来年、娘と一緒に挑戦するCAMPFIREクラウドファンディングも発明学会の推薦とサポートを受けてチャレンジします。

 

新宿にある発明学会ビルには、これまで会員さんが生み出した沢山の発明が展示されています。私の大好物がズラリと並んでいる訳ですが、同学会からは、それらをこのブログで紹介することについて許可を頂けました。

 

来年はそれらを1つずつ丁寧に紹介していきたいと思います。中には、ビートたけし、青島幸男(元・東京都知事)、林家木久扇(初代・林家木久蔵)の発明品もありますので、楽しみにしていて下さい。

 

他にも紹介したい「おもしろ発明」はまだまだあるのですが、それは来年ということで。では良いお年をお迎えください。

 

※これまで紹介した「おもしろ発明」はこちら ↓

www.omoro-invention.com