おもしろ発明ウェブログ

「はつめい」っておもしろい。「はつめい」って人をワクワクさせる。その力を借りて自分の人生も変えていこうと始めたブログ。

【発明紹介-044】捕虫網

そろそろ残暑が衰えかけてきた頃ですね。今日は夏の風物詩とも言える "虫取り網" の発明を紹介します。

 

これは捕まえた生き物を逃がしたり、怪我させたりしないで、安全に捕獲できる網です ↓

f:id:omoro-invention:20190907080924j:plain

f:id:omoro-invention:20190907080940j:plain

虫取り網のネットの周囲には紐(図中7)が配置され、それを止めるためのストッパー(図中8)のようなものが付いています。

 

f:id:omoro-invention:20190907080948j:plain

そしてその紐を引っ張ると、巾着袋が口を閉じたかのような状態になり捕獲された生き物は外に出られなくなります。

 

ちなみに、発明の名称は「捕虫網」ですが、図中で捕獲されている生き物は鳥です。この網は虫のみでなく鳥獣や小動物等の捕獲用に開発されたようです。

 

我が家では似たような網をゴミ出し時に使用しています。目的はカラスや猫などによる荒らし防止です。そのような網を捕虫網として転用しているように思えます。とてもシンプルな発明ではありますが、従来の網を用いたとしても新たな用途を提供しているので、所謂「用途発明」のような位置付けになると思います。

 

発明者・出願人は個人のようですが、ちょっとおもしろいですね。

 

この発明は2019年8月22日に公開されたばかり。公開番号は特開2019-136018です。個人的にはこの発明が特許されるかに興味があるところですので、特許庁での審査をウォッチングしていこうと思います。

 

参考までに、特許請求の範囲も貼り付けておきます ↓

【特許請求の範囲】
【請求項1】
竿の先端に設けられる口径が円形又は半円形型の枠と、その枠に取り付けられる円錐形のネット部からなり、そのネット部の中間を引っ張り絞る絞り部を設けることを特徴とする捕虫網。
【請求項2】
前記ネット部の中間に設けられる絞り部は、中空状の保持輪を設け、左右の通し穴から紐を通し、左右の方向から引っ張り絞ることを特徴とする請求項1記載の捕虫網。
【請求項3】
前記絞り部に形成される紐にコードストッパーを取り付けることを特徴とする請求項1及び請求項2に記載の捕虫網。 

 

ではこの辺で。

 

※これまで紹介した「おもしろ発明」はこちら ↓
https://www.omoro-invention.com/archive/category/おもしろ発明