おもしろ発明ウェブログ

「はつめい」っておもしろい。「はつめい」って人をワクワクさせる。その力を借りて自分の人生も変えていこうと始めたブログ。

【発明紹介-032】めでたい発明!

目次:

 

はじめに

新元号おめでとうございます。

 

いよいよ令和のはじまりですね。今日は令和元年の初日であることに因み “おめでたい” 発明を一つ紹介します。

 

発明紹介

火薬でパァーン!ってやる紐付きクラッカーはもうお馴染みですよね。

 

今日紹介するのは、“火薬を用いない” クラッカーです。ただ、火薬を使わないクラッカーはこれまでも幾つかありました。例えば、空気が入った袋を人間が握りつぶすエアークラッカー、圧縮ガスを封入したガス容器を用いたもの、空気ポンプを用いるクラッカーなどが考案されています。

 

そうした中、今回紹介する発明は特許第6301544号として登録されているこちら ↓

f:id:omoro-invention:20190501130920j:plain

原理は伸縮フィルムを利用して巻テープなどのクラッカーの内容物を押し出すというもの。上図では7の部分が伸縮フィルムを表しています。

 

こちらが紐を引っ張る前の状態 ↓

f:id:omoro-invention:20190501133442j:plain

 

こちらが紐を引っ張っている状態 ↓

f:id:omoro-invention:20190501133459j:plain

 

そして、こちらが分解図 ↓

f:id:omoro-invention:20190501133515j:plain

伸縮フィルムは紐に結合しており、紐を引っ張る力が伸縮フィルムの強度を超えたときに “破断” し、その際にクラッカー特有の大きな音が出るそうです。

 

また、伸縮フィルムが破れた瞬間、引っ張られていた伸縮フィルムの反動を用いて、クラッカーの内容物をクラッカーの外に放出する機構のようです。

 

これにより、爆発の心配がなく安全、かつ、火薬を用いないために火薬臭もすることもなく、パーティーなどでは快適に食事をすることができるという効果を生みだしています。

 

登録された請求項はこちら(下線は補正があった箇所) ↓

【請求項1】
  円錐状のクラッカー本体と、
  前記クラッカー本体の内部に固定される円筒部材と、
  前記円筒部材の一方の開口を覆っている伸縮フィルムと、
  前記伸縮フィルムを通り、前記クラッカー本体の外に出ている紐と、
  前記クラッカー本体の内部にある紐の端部に備わっている係止部材と、
  前記クラッカー本体の内部に配置される巻テープと

 
前記伸縮フィルム上に配置される押出補助部材とを含む、クラッカー。
【請求項2】
 
巻テープを支持する円盤状の支持体をさらに含む、請求項1に記載のクラッカー。 

 

ちなみに、伸縮フィルムの上には押出補助部材が付けられています(上図の8の部分)。伸縮フィルムが破れた瞬間に、伸縮フィルムがこの部材に激しく衝突することで、その上にある巻テープを押し出す仕組みのようです。請求項1の補正でもその構成要素が追加されており、この発明の特徴になっています。

 

分解図を見ると、そのメカニズムがよく分かりますね。

 

おわりに

以上、簡単にですが、めでたい気持ちを表現したく「クラッカー」に纏わる発明を紹介させていただきました。

 

それでは皆さんにとってよい令和になりますように。

 

※これまで記事にした「おもしろ発明」はこちら ↓
https://www.omoro-invention.com/archive/category/おもしろ発明