おもしろ発明ウェブログ

「はつめい」っておもしろい。「はつめい」って人をワクワクさせる。その力を借りて自分の人生も変えていこうと始めたブログ。

【発明紹介-030】35通り以上の使い方が出来るストール

「おもしろ発明」紹介の第30弾です。

 

発明の名称はタイトルに示した “35通り以上の使い方が出来るストール” というもので、ネーミングにもインパクトがあります。

 

特許番号は特許第642772号、モノはこちら ↓

f:id:omoro-invention:20190413082934g:plain

ところで「ストール」を辞書で調べると、「婦人用の細長い肩掛け」や「主にカトリックの聖職者が使用する、細長い帯状の肩掛け」などと書かれていました。一方、「マフラー」は「防寒用の細長い襟巻き」とのことなので、一般的に両者は“襟巻き”と“肩掛け”で区別されているようです。

 

さて本題に話を戻しますが、登録された請求項はこちらです(下線は補正があった箇所) ↓

【請求項1】
色も違いデザインも違う長方形状の二種類の大判ストール生地A・生地B各々の長辺の一つ同士が接続された形であるが、接続ラインの中央から長手端へ向かって縫合された結合部は、連続的でなく、断続的に中心から両端へ対称的に、長短異なる長さで、中央部の縫結合部I・縫結合部II・縫結合部III・末端の縫結合部IVが形成されているのであって、各々の縫結合部相互間の非縫合部は、大小異なる開口部になっており、縫結合部Iと縫結合部IIとの間隔は大きく、袖通し開口部を成し、縫結合部IIと縫結合部IIIとの間隔及び縫結合部IIIと縫結合部IVとの間隔は共に小さく、左右相互に対称側の長手端をくぐり通すための先端交互通し開口部を成していることを特徴とする35通り以上の使い方が出来るストール。

 

そして、このストールでどのような使い方ができるかについては、図面で35通りのパターンが示されています。

まずはこちらのパターン ↓

f:id:omoro-invention:20190413080703g:plain

さらに ↓

f:id:omoro-invention:20190413084429g:plain

さらにさらに ↓

f:id:omoro-invention:20190413084453g:plain

まだあります ↓

f:id:omoro-invention:20190413084620g:plain

もうちょっとあります ↓

f:id:omoro-invention:20190413084642g:plain

これで最後です ↓

f:id:omoro-invention:20190413084710g:plain

バリエーションが豊富ですね。

 

この発明の特徴は、色違いや柄違いのストールの縫合部(結合部)に袖通し開口部を設けていることです。これにより、ベルトやピンなどの留め具を使用することなく、ズレたりほどけたりしにくくする、という発明の効果を生み出しています。

 

発明者・権利者は小林千代子さんという方です。

 

この方は、他にも本人のみを発明者・出願人とする特許出願を4件されております。恐らく個人発明家のようです。代理人を立てずに特許出願の手続をされており、明細書の記載も比較的あっさり系です。ご自身の発明を手軽に特許出願している印象を受けましたが、今回紹介した発明は実際に特許権になっており、そうした活動はすばらしいと思いました。

 

個人で特許出願・権利化するこを目指す方においては、参考になると思いますので、是非特許検索してみてください。ご参考までに、特許検索はこちらで無料で行えます ↓

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

 

では、この辺で。

 

※これまで記事にした「おもしろ発明」は、こちらをご覧ください ↓

おもしろ発明 カテゴリーの記事一覧 - おもしろ発明ウェブログ