おもしろ発明ウェブログ

「はつめい」っておもしろい。「はつめい」って人をワクワクさせる。その力を借りて自分の人生も変えていこうと始めたブログ。

【発明紹介-022】カシオ計算機の学習支援ロボ

今週も忙しかった。肉体的にも精神的にもタフな一週間でした。今日は気分転換を兼ねて、久々に“おもしろ発明”を紹介しようと思います。

 

目次:

 

はじめに

今このブログを書いている私の仕事机の前に娘の勉強机があります。最近の週末は、そこで私と娘が同じ時間を過ごすことがたまにあります。正に今もそうですが、私がブログを書き、娘が宿題をする、といった形です。

 

娘は学校や塾の宿題の多さにイライラしながら机に向かってます。今日紹介する発明は、そんな彼女に打って付けな発明です。

 

発明紹介

特許第6468274号、カシオ計算機さんの発明です。登録日は今年の1月25日ですので特許になったばかり。

 

発明の名称は「ロボット制御装置、生徒ロボット、教師ロボット、学習支援システム、ロボット制御方法及びプログラム」です。少し盛りだくさんですが、一言で表わせば子供の学習支援ロボットや学習支援プログラムとなります。

 

発明の概要は、権利化された請求項1に端的に示されています(下線は審査の過程で補正があった箇所)↓

【請求項1】
 ユーザと共に学習する生徒役を担う生徒ロボットを制御するロボット制御装置であって、
 前記ユーザの学力を表す指標を取得する取得手段と、
 前記ユーザの学習状態を判定する判定手段と、
 前記生徒ロボットの動作モードとして、学力を競い合うライバルとして前記ユーザに接するライバルモード、及び、前記ユーザに友好的に接するフレンドリモードを、前記判定手段による判定結果に応じて選択的に設定するモード設定手段と、
 前記取得手段が取得した前記ユーザの学力を表す指標及び前記モード設定手段が設定した動作モードに応じて前記生徒ロボットの動作を決定する第1決定手段と、
 前記第1決定手段が決定した動作を前記生徒ロボットに実行させる第1実行手段と、
 を備えることを特徴とするロボット制御装置。

 

 代表図は以下です ↓

f:id:omoro-invention:20190223111313g:plain

 

この発明は、ユーザと共に学習する生徒役を担う生徒ロボットをユーザの学力から決定することを特徴としているようです。そして、その生徒ロボットが友好的に接するフレンドリーモードまたは学力を競い合うライバルモードでユーザの学習を支援してくれる発明です。

 

おわりに

カシオ計算機のHPなどを見てみましたが、まだこの発明を利用した商品やサービスは展開されていない感じでした(既にローンチされていましたら、ごめんなさい)。

 

でも最近は子供向けの学習サービスがいろいろとありますね。家庭用であれば、私の娘もベネッセのオンラインをやってます。傍からみればゲームで遊んでいるようにしか見えないコンテンツまでありますが、子供にとっては遊びながら学べるので一石二鳥なのでしょう・・

 

私の目の前では今も娘が勉強中です。近い将来、今回紹介した発明のような学習支援ロボが彼女の救世主になるのかも知れません。

 

ではこの辺で。