おもしろ発明ウェブログ

「はつめい」っておもしろい。「はつめい」って人をワクワクさせる。その力を借りて自分の人生も変えていこうと始めたブログ。

【発明紹介-006】きゅうきゅうしゃ の発明

前回の「消防車」に続き、今度は「救急車」をキーワードに特許検索してみました。今回もサーチエンジンはJ-PlatPatを使用し、検索フィールドは「要約/抄録」のみの簡単検索です。ヒットした特許群の中から、これはおもしろいと思った図面を少し紹介します。息子を喜ばすための絵の収集なので、今回も細かな発明解説は割愛です。

 

・特願昭48-083177 救急車 ↓

 

f:id:omoro-invention:20181023230552p:plain

出願年は昭和48年。昔の救急車はずいぶんと質素だったのですねぇ。

 

・特願平11-287072 大型器材箱および大型器箱を備えた救急車両 ↓

f:id:omoro-invention:20181023230915j:plain

出願年は平成11年。この辺りになると現在の救急車と大きな差はなさそう。でも、この絵は車内を観察するのに使えますね。

 

・特願2005-303112 救急車両 ↓

f:id:omoro-invention:20181023231244g:plain

こんな風に機材が収納されているのですねぇ。

 

・特願2006-322581 予鈴方法 ↓

f:id:omoro-invention:20181023231417g:plain

これはおまけ。救急車を呼び出すシステムも特許出願されています。所謂ビジネスモデル特許ですね。

 

今回、240件の特許集合を見ました。そのうち権利化されたものは72件。前回の消防車も同じ傾向でしたが、消防車、救急車の使命を考えると、この領域では、特許権という強力な権利(独占排他権)を取得して技術を独り占めするのではなく、公共の利益を尊重して敢えて技術を開放してるのかも知れません。それが正しければ、この世界の方々、知財への価値観もカッコ良すぎです!